中津川地区は、山形、新潟、福島の3県の境界にそびえたつ飯豊山(2105m)や大日岳(2128m)を含む飯豊連峰の北嶺の渓谷に営まれた山深い地区である。総面積は195.12㎢と広大で、面積の大部分が飯豊山北面の山林である。渓谷の上流は、ブナやトチなどの原生林が広がっている。

 展望台からは、山裾をめぐって蛇行する清流「白川」を中心とした田園と、散在する民家が眺望される。「白川」は、長井盆地へと流れる「最上川」の源流の一つである。

 「中津川」は地図にない地名であるが、その昔は「南置賜郡中津川村」という一つの村であった。14の小さな集落があり、藩政時代には俗に「中津川十四ヶ村」と総称されていた。

「村史なかつがわ」より一部抜粋


1月 January

 元日、各地区の神社で初詣をする。長かった冬が終わり、雪解けが始まる季節。道端や田んぼの畔の雪が消えたところに、草花が芽吹き出す。雪解け水が白川に流れ込み、白川湖の水位が上がり始める。

 田んぼには1m近く雪が残っている。早く雪が消えるようにと重機で雪を掘り起こす。農家では、5月の田植えに向けて土づくりや種まきが始まる。

 山の


2月 February

 長かった冬が終わり、雪解けが始まる季節。道端や田んぼの畔の雪が消えたところに、草花が芽吹き出す。雪解け水が白川に流れ込み、白川湖の水位が上がり始める。

 田んぼには1m近く雪が残っている。早く雪が消えるようにと重機で雪を掘り起こす。農家では、5月の田植えに向けて土づくりや種まきが始まる。

 山の


3月 March

 長かった冬が終わり、雪解けが始まる季節。道端や田んぼの畔の雪が消えたところに、草花が芽吹き出す。雪解け水が白川に流れ込み、白川湖の水位が上がり始める。

 田んぼには1m近く雪が残っている。早く雪が消えるようにと重機で雪を掘り起こす。農家では、5月の田植えに向けて土づくりや種まきが始まる。

 山の


4月 April

 長かった冬が終わり、雪解けが始まる季節。道端や田んぼの畔の雪が消えたところに、草花が芽吹き出す。雪解け水が白川に流れ込み、白川湖の水位が上がり始める。

 田んぼには1m近く雪が残っている。早く雪が消えるようにと重機で雪を掘り起こす。農家では、5月の田植えに向けて土づくりや種まきが始まる。

 山の


5月 May

 長かった冬が終わり、雪解けが始まる季節。道端や田んぼの畔の雪が消えたところに、草花が芽吹き出す。雪解け水が白川に流れ込み、白川湖の水位が上がり始める。

 田んぼには1m近く雪が残っている。早く雪が消えるようにと重機で雪を掘り起こす。農家では、5月の田植えに向けて土づくりや種まきが始まる。

 山の


6月 June

7月 July

8月 August

9月 September

10月 October

11月 November

12月 Decenber